· 

Vol.36 まちの賑わいをつくる!!

今回のテーマは、”まちの賑わいをつくる!!”です。

 

今回のゲストは、旧東海道品川宿を拠点にゲストハウスの運営などのまちづくりを行っておられる株式会社宿場JAPANの渡邊崇志さんと尼崎・三和市場を舞台にした怪獣映画づくりなど市場活性化に取り組んでいる岡崎勝宏建築研究所代表の岡崎勝宏さんです。

ゲストプロフィール

渡邊 崇志さん(株式会社宿場JAPAN代表取締役)

 1980年東京都生まれ。大学卒業後、大手メーカーに入社。その後、米国カリフォルニアに留学し、移民学校に入学。帰国後、六本木のホテルで修業しながら同志社大学大学院の社会起業プログラムに参加。その後、品川の「まちづくり協議会」に1年間参加し、並行して浅草の外国人旅館で修業。2009年にゲストハウス品川宿をオープン。2011年に宿場JAPANプロジェクトをスタート。


岡崎 勝宏さん(岡崎勝宏建築研究所代表)

1971年生まれ。尼崎市在住。マルフジ建築研究所、吉田保夫建築研究所で建築を学び独立。シャッター市場となっていた三和市場の改装に関わったことをきっかけに、怪獣市場、ガサキングの誕生、怪獣映画撮影を見守ってきたガサキングのマネージャー。現在、三和市場でガサキングショップ&怪獣マニアのための民泊を計画中。最近、尼崎プロレスに通い、ガサキングマスクとしてのデビューを目指している。