· 

Vol.35 社会とつながる高校・最前線!!

今回のテーマは、”社会とつながる高校・最前線!!”です。

 

今回のゲストは、全国の高校などで企業等と連携した探求型プログラム"クエスト"を実施する教育と探求社の宮地勘司さんと今年度から文部科学省の研究指定を受け、地域課題解決に向けたシチズンシップ教育を行う兵庫県立尼崎高校の田畑北斗さんです。

ゲストプロフィール

宮地 勘司さん(株式会社教育と探求社代表取締役)

1963年長崎県生まれ。88年立教大学社会学部卒業。同年、日本経済新聞社入社。02年、自らの起案により日本経済新聞社内に教育開発室を創設する。新聞資源を活用した教材開発に取り組む。04年11月、教育と探求社を設立。代表取締役に就任。12年より法政大学キャリアデザイン学部講師。


田畑 北斗さん(兵庫県立尼崎高校教諭)

1981年生まれ。兵庫県芦屋市出身在住。甲南大学卒、同大学院修了。地歴・公民科教諭。専門は、哲学、生命倫理・環境倫理、臨床心理学。2009年より県立農業高校定時制に勤務し、教育の可能性と限界の両面を感じ、就労支援や医療・福祉団体との連携を始める。2014年より県立尼崎高校勤務。インターンシップや赤ちゃん先生、ボランティアを通じて地域連携を進める。本年度より「尼崎学」(文部科学省研究指定)を開講し、地域課題に関わり、シティズンシップを育む教育に取り組む。